子どもが産まれ、一軒家を買う決断をしました

独身の頃は家を買うことにそれほど興味はなく、ずっと賃貸で暮らしてもいいのではないかと思っていました。旦那も同じ考えだったので、結婚してからも家を購入する話はなく、今住んでいる賃貸のアパートでずっと暮らすのだと思っていました。

 

しかし子どもが産まれると、あらゆることが変わってきます。まず子どもが歩き始めると、どれほど床にクッション材を敷き詰めても、足音は階下に響きます。おもちゃは投げますし、突然走り出したり奇声を上げたり、大人だけで住んでいる時とは考えられないほどの音を子どもは出します。

 

階下の方は、自分のところも同じ年代の子どもがいるから気にしないと言ってはくれていたのですが、やはり逆の立場だったらとてもうるさいと思います。そこで旦那と話し合い、わたしたちは家を買う決意をしました。

 

その日から家探しをし、運良く家族が増えても間取りや広さに不自由がない新築一戸建ての家を豊田市内で見つけることができました。元々は買う予定はなかったのですが、今は家の中で子どもは走り回ることができますし、賃貸のときのように騒音になっていないかと心配することがなくなりました。近所にも同じ年代の子どもたちがいるので、この家を買って本当に良かったと思っています。