輸入住宅や注文住宅の建設依頼先の決め方

 

輸入住宅や注文住宅でマイホームを建てるにあたって、どこに建設をいらすれば良いのか迷うことがあると思います。同じように迷ったわが家は最初に設計士さんに設計図を作ってもらいました。そしてその設計図をもって、いくつかの工務店をまわり、そして見積もり合わせをした後、マイホーム建設を依頼する会社を決めました。輸入住宅の見積もりをもらい、同様の家を注文するといくらになるかを調べる際にも同じことができます。

見積もり合わせとは、その名前のまんま複数の見積書を見比べることです。とはいえ、最安値を提示してくれた工務店にお願いするというわけではなく、金額はあくまで参考です。仕事の評判や見積書に書かれていた資材なども見て決めました。つまり金額だけではなく、内容や評判も参考に決めたということです。見積もりが安くても輸入住宅や注文住宅の施工経験が少ない業者には任せたくないですよね。

なお、わが家は3社で見積もり合わせを行いました。設計士さんが紹介してくれた1社と、自分たちが探した2社の合計3社です。そして結局、自分たちが探した1社にお願いすることにしました。3社とも大幅には違わない建設費用を提示してくれました。その点においても、3社すべて良心的な会社だということが伝わりホッとしたものです。

ちなみに私たちが建設を依頼した工務店は、最安値を提示してくれた会社ではありません。もちろん、「もっとも安い費用を提示してくれた工務店」に決めようかどうか非常に迷いました。けれども金額差は数十万円であり、3桁万円の幅ではなかったこと、それに私たちが依頼した工務店の仕事は「とても丁寧でいい」と評判だったことが、最終的な決め手となりました。

輸入住宅や注文住宅でマイホームを建てるのに、ネダだけで決めるのはナンセンスです。やはり「仕事が丁寧」という点には惹かれるものがありますよ。それでなおかつ、提示してくれた建設費用が相場並み(他の会社と大幅な違いがない)ですからね。それならば、「仕事が丁寧な工務店」で輸入住宅や注文住宅の建設をお願いしたいと思いますよ。

見積書を出してくれた3社とも、対応は好感の持てるものでしたので、非常に迷いはしたのです。「うちは砂利を無料で敷きます」といったようなオプションサービスにも惹かれたのですが、しかしやっぱり「仕事が丁寧」という評判にグッと惹かれてしまいました。

かくして、「仕事が丁寧」だと評判だった工務店で注文住宅を建てたわけです。輸入住宅などを建てたい方はその点に注目すると良い業者にであるかもしれません。

うちは、完成したマイホームで、今でも問題なく生活しています。

PR|貯蓄|SEOアクセスアップ相互リンク集|心の童話|住宅リフォーム総合情報|童話|工務店向け集客ノウハウ|サプリメント|家計見直しクラブ|マッサージのリアル口コミ.com|生命保険の選び方|内職 アルバイト|健康マニアによる無病ライフ|クレジットカードの即日発行じゃけん|お小遣いNET|GetMoney|初値予想|